硬貨

不動産投資をすればサラリーマンでも老後が楽になる

妻に仕事を任せる重要性

模型とお金

専業主婦の妻なら必須

サラリーマンとして働いている男性が不動産投資をしてできるだけ大きな利益を上げたいと考えたら、妻に任せてみるということを念頭に置いておきましょう。もし専業主婦をしている妻がいるなら、実務を行ってもらうことによって不動産投資の利益を大きくできる可能性があるからです。不動産投資では賃貸経営を行うことによって家賃収入を手に入れることになりますが、所得が増えてしまうために確定申告をして納税をしなければならなくなります。サラリーマンの場合にはその兼ね合いを考える必要があるのです。妻が働いていない場合には扶養家族に入っているため、扶養控除を受けたり扶養手当を受けたりすることができるでしょう。しかし、扶養家族に入るためには所得の下限が定められていることが多く、その下限ぎりぎりまでなら所得があっても問題はありません。サラリーマンの男性が不動産投資を行い、妻を従業員として扶養家族でいられる範囲で給与を出すと言うかたちにすると、その給与は必要経費にすることができます。このような形で節税を行えることは念頭に置いて置いた方がよいでしょう。税制上の扶養家族とサラリーマンとして働いている勤務先での扶養家族の定義に基いて支給する給与額を決める必要がありますが、利益を上げるための方法としては効果的なものです。節税の観点は不動産投資をする上では重要なものなのでサラリーマンであっても使える制度は積極的に活用しましょう。

審査から契約へ

既存物件サブリースシステムでは業者に連絡をすると審査を受けることになります。業者が収益を得られるかどうかが重視され、契約期間や修繕費用などの内容についての契約内容を確定して契約を締結するのが流れです。審査を通過できなかった場合にも修繕などの代替案を提案してもらえます。

不動産投資の新たな方法

airbnbの普及に伴い、不動不動産投資を考えている人のために、airbnb代行業者が存在しています。チェックインや滞在中のフォロー、またメッセージの交換などを、あたかも個人の様に代行してくれ、投資運用を考えている人の煩わしさを減らしてくれています。

不動産経営の仕方

大阪は人や企業が多く集まる地域のため、不動産経営に向いた収益物件がたくさんあります。収益物件を探すポイントとしては、立地や将来性などをよく考えていかなければいけません。また、売却する場合は不動産屋を利用し、宣伝活動や買い主との交渉なども行ってくれるので手間がかからなくて済みます。

Copyright © 2017 不動産投資をすればサラリーマンでも老後が楽になる All Rights Reserved.