女の人

不動産投資をすればサラリーマンでも老後が楽になる

審査から契約へ

ウーマン

契約できるかは業者次第

既存物件サブリースシステムは業者によって細かに内容が異なっていますが、手続きの流れはどの業者でも大枠に違いはありません。業者に連絡をすると物件情報についての提供を求められ、現場で実際に物件を見て審査を受けることになります。このときに見られているのが収益を得られる物件であるかどうかであり、サブリースをして業者が安定した経営を行えるかどうかが重視されている審査です。この審査に問題なく通過できると速やかに契約内容を確定してサブリースを開始することになります。既存物件サブリースの場合には築年数が契約内容に大きな影響を与えるのが一般的です。築年数が古いほど長い間の運用が難しくなり、修繕の必要性も高くなります。サブリースの場合には数十年に及ぶ契約を結べる場合がありますが、築年数が古い場合には数年間しか認められない場合もあるでしょう。また、修繕について古い物件ほどオーナー負担になる契約になりやすい傾向があります。このような内容の交渉を行った上で契約内容が確定され、契約を締結することになるのです。一方、審査に通過できなかった場合でも代替案を出してもらえることがよくあります。修繕を行った上であれば契約できるという提案は珍しいものではなく、その修繕内容についても合わせて示してもらえるでしょう。それを断った場合でも家賃保証や空室保証のない一般管理契約であれば請け負えるという提案をしてくれることもあります。

Copyright © 2017 不動産投資をすればサラリーマンでも老後が楽になる All Rights Reserved.